東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 東東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・東東京】

高輪が第3シードの都紅葉川を破った

2007年7月22日

城西大城西−都大島2回裏都大島1死二、三塁、打者・飯塚選手のスクイズで、三塁走者・永野選手が生還、先制点を挙げる=大田スタジアムで

写真

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十一日、東大会が6球場で2、3回戦15試合、西大会が5球場で1、2回戦13試合が行われた。西大会では第1シードの春季都大会準優勝校、東海大菅生が都大泉に逆転負け。日大三、堀越、八王子の各シード校は勝ち進んだ。東大会では高輪が第3シードの都紅葉川を破った。

 東海大菅生は四回に2点を先制したが、五回以降は三塁も踏めず、都大泉に八回一死から四連打されて同点。九回には一死一、三塁でスクイズを決められ、これが決勝点となった。高輪は主戦今辰巳投手(三年)が都紅葉川打線を4安打完封した。

 このほか都多摩と都田無戦は延長十五回、都多摩が適時三塁打などで2点を奪い試合を決めた。

 二十二日は東大会の3回戦12試合、西大会の2回戦10試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧