東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 東東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・東東京】

東大会 修徳、開成に辛勝

2007年7月24日

修徳−開成9回裏開成1死一塁、打者・矢野選手の時、一塁走者・坂田選手が盗塁を試みるも、タッチアウト。右は二塁手・大谷選手=神宮球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十三日、東大会4回戦8試合が4球場で、西大会2回戦10試合が5球場で行われた。東大会で2試合、西大会で6試合がコールドゲームとなったが、1点を争う好ゲームも繰り広げられた。

 東大会では、シード校の都文京が都小山台に2本の本塁打などを浴びて計8点を失い敗れた。強豪・修徳は開成に苦戦し、得点は五回に三塁打と犠飛で奪った1点のみで守りの展開。一方の開成は九回一死、中前安打で出塁した走者が果敢に盗塁を試みるなど、健闘した。

 西大会では都国立が法政大高に延長十回、二死二塁から左前適時打でサヨナラ勝ち。成蹊−創価は、初回に2本の安打などで2点をあげた創価が、継投で逃げ切った。

 二十四日は東大会4回戦8試合、西大会3回戦8試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧