東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 東東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・東東京】

国士舘、早実 力尽く

2007年7月25日

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十四日、東大会の4回戦8試合が4球場で、西大会の3回戦8試合が4球場で行われ、東大会の16強が出そろった。

 東大会では、第三シードで昨夏の準優勝校・国士舘と対戦した成立学園が四回、四球を足がかりに2本の三塁打などを集中し逆転。相手投手や守備陣の乱れをついてその後も得点を重ね、コールド勝ちした。世田谷学園も3試合連続のコールド勝ち。初戦の引き分け再試合を含めて5試合目の東京実業は日大豊山と対戦、延長十一回に二つの押し出し四死球で2点を奪い競り勝った。

 西大会では、昨夏の甲子園優勝校・早実が第三シードの堀越に敗れた。堀越は同点で迎えた八回、先頭打者の本塁打と四つの四死球などで3点を挙げて早実を突き放した。2回戦で東海大菅生を破った都大泉は大成と対戦、相手を上回る7安打を放ったが、三つの併殺打などで打線がつながらず涙をのんだ。拓大一と対戦した明星は、15安打で快勝した。日大三は2試合連続のコールド勝ち。

 二十五日は東大会の5回戦4試合、西大会3回戦8試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧