東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 茨城 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・茨城】

茨城、日立一敗れる 藤代などシード校4校 順調に勝ち上がる

2007年7月17日

土浦三−常磐大高3回表土浦三無死三塁、後藤選手が右前適時打を放つ。捕手・関根選手=水戸市民球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権茨城大会は十六日、水戸市民球場など6球場で2回戦12試合があった。雨天順延などで六日ぶりの試合となり、初登場のシード校のうち、藤代、東洋大牛久など4校は順調に勝ち上がったが、茨城、日立一が敗れるなど明暗が分かれた。十七日も6球場で2回戦12試合が行われる。

 藤代は二回、打者一巡の猛攻で5点を奪い、主導権を握ると田中亮投手が五回途中まで8奪三振の力投を見せ、大子清流に快勝した。

 東洋大牛久は三回、4本の長短打で3点を先制。先発した鈴木康介投手は六回途中まで1失点と好投。継投で藤代紫水に追加点を許さなかった。

 茨城は日立工と対戦。先発した岡部将也投手が序盤から打ち込まれるなど完敗した。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧