東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 茨城 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・茨城】

藤代、土浦日大 16強入り 太田一、総和など惜敗

2007年7月20日

茨城東−波崎柳川3回表茨城東1死一、三塁、宮本選手がスクイズを決める。捕手秋葉選手=水戸市民球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権茨城大会は十九日、水戸市民球場など4球場で3回戦8試合があった。藤代、土浦日大ら8校が勝ち上がり、16強入りを決めた。二十日は4球場で3回戦の残り8試合が行われ、16強が出そろう。

 藤代は同点で迎えた五回、佐竹のミスを誘い無安打で勝ち越し。田中亮投手は被安打6、無四球と力投した。

 土浦日大は投打に水戸農を圧倒した。初回、石塚智大選手の先頭打者本塁打で先制。その後も着実に追加点を挙げ、コールド勝ちした。

 常磐大高は七回、打者10人の猛攻で6点を挙げ、3人の継投で三和を2点に抑えた。

 鉾田一は打線が爆発し、大宮に大勝。投手陣は3人の継投で、被安打1、無失点に封じた。 (沢田佳孝)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧