東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 茨城 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・茨城】

常総学院サヨナラ勝ち 水戸商惜敗ベスト16出そろう

2007年7月21日

 第八十九回全国高校野球選手権茨城大会は二十日、水戸市民球場など4球場で3回戦8試合があり、ベスト16が出そろった。シード校のうち常総学院、明秀日立などは勝ち進んだが、水戸商は水戸葵陵に0−1で敗れた。二十一日は4回戦8試合が行われる。

 常総学院は、延長戦までもつれたが、清原大貴選手の投打にわたる活躍で霞ケ浦にサヨナラ勝ちした。

 明秀日立は投打がかみ合い、国際土浦にコールド勝ちした。主砲・仁田和志選手が本塁打を含む2安打、投手陣は継投で相手打線を1安打に封じた。

 水戸商は水毛宏樹投手が9奪三振と力投したが、水戸葵陵の真家政司投手に5安打に抑えられ得点できなかった。 (沢田佳孝)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧