東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 茨城 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・茨城】

ベスト8出そろう 常総学院、コールド勝ち

2007年7月23日

藤代−清真学園4回表藤代1死三塁から篠原選手がスクイズを決める。捕手・大竹選手=土浦市営球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権茨城大会は二十二日、水戸市民球場など4球場で4回戦8試合があり、8強が出そろった。二十三日に水戸、ひたちなか両市民球場で準々決勝4試合が行われる。

 2連覇を目指す常総学院は四回に打者13人の猛攻で9点を挙げ、控え投手の好投で鹿島学園にコールド勝ちした。

 水戸桜ノ牧は13安打を放つとともに、先発・前島一也投手が被安打9ながら1失点に抑え、シード校の明秀日立を圧倒した。

 常磐大高は延長十二回一死満塁からの四球で、波崎柳川にサヨナラ勝ちした。四回から登板した菊池保則投手は被安打5、無失点に抑えた。 (沢田佳孝)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧