東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 茨城 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・茨城】

<熱球譜>常磐大高3年菊池保則投手 制球定まらず…悔し涙

2007年7月27日

菊池保則投手(右)

写真

 調子は良くも悪くもない。「いつも通りに」と念じたが、ボールが抜けて低めの制球が定まらない。連投の疲れから、握力がちょっと弱くなっている感じがした。

 その不安を振り払うかのように、初打席で中犠飛を放ち、走者を帰し先制。しかし、三回には自ら四死球でピンチを広げると、高めに行った直球を簡単に外野に運ばれ、逆転を許した。

 昨年秋から「1番」を背負い、今大会も準々決勝、準決勝と連続で完封勝利。この日、大黒柱の予想しなかった不調を仲間が必死にカバーする。

 関根淳捕手(三年)は何度もマウンドに行き「おれたちは最高のバッテリーだろ」と鼓舞。打線も11安打と奮起した。

 それでも届かなかった甲子園。「守ってやりたいという気持ちはあったけど、結局自分が試合を壊してしまった」。試合後、自分を責め、誰よりも長く泣き続けた。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧