東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・群馬】

シード太田工が辛勝 今季初の延長戦 雨天で9試合が順延

2008年7月8日

太田工−富岡10回表1死から、右前打で二走の太田工・篠木選手が生還、決勝点となり次打者の主戦・吉田投手に迎えられる=桐生球場で

写真

 第90回全国高校野球選手権県大会は三日目の七日、雨天のため前橋市の県営敷島球場など3球場9試合が中止となった。

 桐生球場の2試合は、ともに小差の延長戦になった。

 太田工−富岡は、富岡の主戦・高田優馬投手(三年)の好投の前に、シードの太田工打線が苦戦。しかし、太田工は十回表に貴重な勝ち越し点を奪い、5四死球を与えながらも要所を締めた主戦・吉田真史投手(三年)の踏ん張りに応えた。

 前橋南−藤岡北は、2点を先制した藤岡北に前橋南が追いつくと、お互いにあと一本が出ず、延長に。十一回裏二死二塁から、藤岡北の横尾雄一選手(二年)が右前打を放ち、サヨナラ勝ちした。

 八日は桐生球場で2試合と、順延になった県営敷島球場など3球場9試合の計11試合がある。 (川口晋介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧