東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・群馬】

きょうから3回戦 強豪同士の激突に注目

2008年7月12日

 第90回全国高校野球選手権県大会は十二日から3回戦に入る。同日は県営敷島球場など2球場で3回戦6試合を行う。

 これまでの戦いを振り返ると、伊勢崎清明が初戦で市前橋を破り夏の大会初勝利。2回戦でも伝統校の東農大二を延長の末に下し、勢いがある。初戦屈指の好カードとして注目された桐生と前橋の対決は、1点差で桐生が3回戦進出を決めた。シード校は順当に勝ち上がっている。

 十二日は、春の関東大会県予選で準優勝した桐生第一と有力校の高崎が対決。昨夏の覇者・前橋商と強豪校の健大高崎の激突も注目される。 (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧