東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・群馬】

シード4校が8強

2008年7月20日

樹徳−高崎東 3回表、2死二、三塁で米田達哉選手が中越え適時打を放ち、一気に2点を奪う=県営敷島球場で

写真

 第90回全国高校野球選手権県大会は十九日、前橋市の県営敷島球場などで4回戦4試合が行われ、シードの4校が順当に8強入りを果たした。前橋育英は好機を着実に生かし、太田市商に逆転勝ち。前橋工は接戦の末、3−1で中央に辛勝した。樹徳と桐生市商は2けた安打で勝利を呼び込んだ。

 春の王者・前橋育英は0−2で迎えた四回表、町田大介選手の二塁打などで2点を奪い同点とした。七回以降は、そつのない攻撃で着実に加点し、粘る太田市商を突き放した。

 前橋工は、中央と激突。両チームとも初回に1点ずつ取った後、同点のまま緊迫した試合展開が続いた。均衡を破ったのは七回裏。前橋工の豊村拓馬選手が適時三塁打などで2点を奪い、勝利を収めた。中央は、来年から中高一貫校「中央中等」として出場するため、同校として最後の夏を終えた。

 樹徳は、岡貴之投手、飯塚直也主将の2本塁打などで高崎東を圧倒。桐生市商は序盤に6点を奪い、大間々を下した。 (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧