東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・群馬】

樹徳、育英下し4強 因縁対決、桐生市商に軍配

2008年7月22日

樹徳−前橋育英 9回表、2死二塁で倉林寛選手の適時打の間に、二走の岡保選手が生還。逆転に成功する=県営敷島球場で

写真

 第90回全国高校野球選手権県大会は二十一日、前橋市の県営敷島球場で準々決勝2試合を行った。春の王者で第1シードの前橋育英は樹徳に逆転負け。昨秋、今春に続く因縁の対決となった桐生市商と前橋工の戦いは、延長の末、桐生市商が劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。 (石井友恵)

 前橋育英は、同点で迎えた五回裏、4番の小板橋直弥選手がソロ本塁打を放ち、再び1点をリード。六回から登板した石田卓投手は、八回まで二塁を踏ませない好投で、勝利目前まで迫った。

 ところが、九回表にドラマが潜んでいた。樹徳は、先頭打者・倉林陸選手の右越え二塁打と犠打で、一死三塁と攻め、続く岡保選手の右前適時打で同点。さらに、犠打で二死二塁とし、倉林寛選手が打ち上げた打球が、内野と外野の間に落ち、逆転に成功した。その裏、岡貴之投手が育英打線を3者凡退に抑え、勝利を手にした。

 桐生市商は、0−4で迎えた八回裏、打者9人の猛攻で一気に4点を奪い、同点とした。延長十回裏、先頭の4番・吉野心裕選手が三塁打を放つと、前橋工は敬遠で満塁策。無死満塁から鈴木拓実選手が三振に倒れた後、川口修平選手が中前適時打を放ち、劇的な幕切れとなった。前橋工は、安打数で桐生市商を上回ったものの、涙をのんだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧