東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・群馬】

きょう準決勝 樹徳×桐生市商 伊勢崎×桐生第一

2008年7月24日

 第90回全国高校野球選手権県大会は二十四日、県営敷島球場で準決勝2試合が行われる。いずれも準々決勝で逆転勝ちをした樹徳と桐生市商は、勝負強い打線に注目が集まる。もう1試合は、シード校を次々と破った伊勢崎が、甲子園常連校の桐生第一と激突。好投手同士の投手戦が期待される。

 ○第1試合

 二年生エース・左腕の岡貴之投手を擁する樹徳。準々決勝では、春の県大会王者・前橋育英を相手に、九回の土壇場で2点を奪い、逆転している。ここ一番で打線が集中力を発揮する。桐生市商は県内屈指のスラッガー・福田圭吾、吉野心裕両選手らを中心に長打力のある打線が強みだ。準々決勝で4点差を逆転するという爆発力を見せており、波に乗っている。エース・田面巧二郎投手の投球にも期待したい。

 ○第2試合

 桐生第一は、これまで4試合中3試合をコールド勝ち。竹之内雄輝、吉田鷹両選手らが打線を引っ張る。すきのない走塁も光り、攻撃力は万全。左腕・田中清文と右腕・清村悦礼両投手の継投が必勝パターンとなっている。伊勢崎はシード校の高崎商、太田工を破り勢いがある。ここまで4試合中3試合を1点差で勝ち進んでおり、接戦に強く、積極的な攻撃が持ち味。エース・荒川和之投手は闘志を内に秘め、打たせて取る投球で挑む。 (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧