東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

<熱球譜>昨夏準V 意地の一打 霞ケ浦 根本泰成選手(3年)

2009年7月23日

写真

 打った瞬間は覚えていない。7点差をつけられ迎えた七回表、二死で走者なし。このまま終われば七回コールド負けという場面で、打席が回ってきた。直球をセンターに打ち返し敵失の間に三塁へ。続く浅野銀河選手(三年)の右前適時打で1点をもぎ取った。「絶対ここで終わらせたくない」。昨夏準Vの意地と気迫でつかんだ1点だった。

 昨夏もレギュラーで出場し、先輩たちと一緒に準優勝を経験。勝つことの苦しさと、優勝をあと一歩で逃す悔しさを、嫌というほど味わった。「自分たちの代こそ勝ちたい。先輩たちの分まで頑張りたい」。そんな強い思いを胸に大会に臨んだ。

 だが、待っていたのは「まったく予想外の展開」(高橋祐二監督)。序盤からリードされ、六回に2点を返すがその裏には満塁本塁打を打たれた。八回にも1点を失い7点差となったため、結局、八回コールドで負けた。

 「打っても負けたら意味がない。終わっちゃったなという感じ」。試合終了後、相手校の校歌を聞いても負けた実感がわかず、涙は出なかった。三年間、ひたすら追い続けた甲子園。その夢は後輩に引き継がれる。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報