東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

<熱球譜>悔しさ共有 仲間に感謝  清真学園 竹中陸人投手(3年)

2009年7月24日

写真

 水戸葵陵にだけは負けられない理由があった。一年生のみ出場する2年前の大会で負け、昨秋の県大会地区予選でも負けた。「もう負けたくない」と今までの悔しさをぶつけた3回戦。葵陵打線をわずか5安打に抑えたが、勝利にはあと一歩及ばなかった。

 昨夏までは大量失点が多い投手だった。だが、今年に入り、投球姿勢が安定。今大会も冷静さが光った。野球は小学生のころから始め、「学業と野球との両立をめざしたい」と中高一貫教育の同校に入学。神栖市波崎の自宅から電車で約1時間かけて、鹿嶋市内の同校へ通った。

 学業中心のため、規則で午後六時四十五分には下校しなければならない。練習時間の不足を集中力でカバーしながら下半身を鍛え、仲間と一緒に葵陵の投手を研究。徹底的に打撃練習に励んだ。

 だが、3点差で惜敗。リベンジを果たせないまま、「打倒葵陵」に燃えた夏が終わった。試合後、「悔しいが相手が強かった」。そして「支えてくれてありがとう」。思いを共有してきた仲間たちへ、感謝の思いを口にした。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報