東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

下館一 東洋大牛久破る 下妻二、桜ノ牧は順当勝ち

2009年7月24日

 第91回全国高校野球選手権茨城大会は9日目の二十三日、水戸市民球場など4会場で3回戦8試合があった。下館一が第7シードの東洋大牛久を破る大金星。明秀日立は1点差で辛くも逃げ切った。下妻二、水戸桜ノ牧は危なげない試合で順当に勝ち上がった。二十四日の調整日をはさみ、二十五日に4回戦が行われる。

 下館一−東洋大牛久は終盤に試合が動いた。下館一は八回、東洋大牛久のエース工藤裕佑投手(三年)から3点を先制。九回にも連打で3点を追加した。東洋大牛久は八回に2点を返すが力尽きた。

 下妻二−守谷はしぶとく加点した下妻二が勝利。投手4人の継投で選手層の厚さを見せつけた。

 水戸短大付は日立工に10点差で圧勝。土浦一は日立商に完封勝利。そのほか、明野、水戸葵陵が4回戦に進んだ。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報