東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

土浦日大 接戦制す ベスト8出そろう 土浦湖北は逆転負け

2009年7月26日

牛久ー土浦日大 1回裏2死二塁、土浦日大・根岸選手の右前適時打でホームに突っ込む平山選手=土浦市営球場で

写真

 第91回全国高校野球選手権茨城大会は10日目の二十五日、水戸市民球場など4球場で4回戦8試合があり、ベスト8が出そろった。常総学院、下妻二、水戸桜ノ牧のシード校のほか、つくば秀英、太田一などが準々決勝に進出。大会屈指の左腕・中川貴昭投手を擁する牛久は、接戦の末に土浦日大に破れた。

 好投手の投げ合いとなった牛久−土浦日大戦。1−1で迎えた八回、土浦日大は無死二塁で、宮内理冴選手(三年)がバント。牛久の中川投手が一塁に悪送球した間に1点を挙げ、守りきった。

 つくば秀英は、清水紘太選手(三年)が今大会3本目となる本塁打を放ち、第5シードの土浦湖北に逆転勝ち。水戸葵陵は下館一に完封勝利。第6シードの明秀日立は水戸短大付に競り勝った。

 二十六日は水戸市民球場など2球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が決まる。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報