東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

<ヒーロー>強豪相手気負いなし 水戸葵陵 市毛利宗選手(3年)

2009年7月27日

水戸葵陵・市毛利宗選手=ひたちなか市営球場で

写真

 シード校の好投手相手に、3安打3打点の大活躍。「勝ててうれしい。それしか言えない」。笑顔で声を弾ませた。

 ノーシードから勝ち上がってきた。準々決勝の相手は甲子園の大舞台を踏んでいる下妻二。だが、「雰囲気にのまれず、自分たちの野球をすれば勝てる」。気負いはなかった。

 三回、仁平光星投手(二年)が満塁のピンチを切り抜けてくれた。後輩の頑張りが頼もしかった。その裏、2死二、三塁の好機で打席がめぐってきた。「後輩に応えたい。打つしかない」。チャンスになると気持ちが強くなる。「ストライクが来たら最初からいこう」。初球を思い切りたたいた。

 逆転の左適時打。「うれしくて素直に出ちゃいました」とすかさずガッツポーズ。ベンチに目をやると、ガッツポーズをする池上昌二監督が見えた。「めったにしてくれないんですけど。ああ、してくれてるなって」。うれしさが倍になった。

 甲子園に行くために水戸葵陵に入った。あと二つ。「チームに貢献して勝つことが一番」。表情を引き締めた。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報