東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・茨城】

<ヒーロー>先輩らの堅守 力に変え好投 水戸桜ノ牧(2年) 上遠野秀隆投手

2009年7月29日

写真

 水戸葵陵打線を相手に六回無安打無失点。海老沢芳雅監督もびっくりの出来に「先輩たちが頑張ってくれた。自分も頑張らなきゃと思った」と照れくさそうに振り返った。

 「緊張しやすいタイプ」(河野孝太郎主将)だが、河野主将から「9点取られても10点取るから大丈夫」と声をかけられ、試合中にはバックの堅い守備に助けられた。

 「(河井)甚哉さんのプレーで気持ちが乗った。茂垣(智大)さんに声をかけてもらって安心した」。先輩の頑張りや声援を全部自分の力に変えた。

 決勝の相手は今春の県大会準決勝で敗れた常総学院。リベンジの舞台は整った。「あとはチームが一つになるだけです」。初優勝へ向け、言葉に力を込めた。 (中津芳子)

 

この記事を印刷する

PR情報