東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・栃木】

<熱球譜>1年から4番 重責果たした 宇都宮工3年 山口仁之選手

2009年7月27日

試合後、笑顔で仲間に声をかける宇都宮工の山口仁之選手

写真

 九回、2死三塁。フルスイングした打球を相手遊撃手がつかむのが見えた。「何とか次へ」。頭から一塁に滑り込む。頭上に響く「アウト」の声。しばらく立つことができなかった。“逆転の宇工”を率いた主砲は、この日最後まで快音を響かすことはなかった。

 県内屈指の部員数を誇る古豪で一年から4番。好機に打てず、重責にさいなまれた。今冬には腰痛で2カ月、チームを離脱。春には5番に下げられた。悔しくて、練習後も自宅前でバットを振り続けた。

 今大会は決勝まで11打点。2度の逆転劇を演じたチームを引っ張った。「お前に絶対につなぐ」と言ってくれる仲間の言葉で、プレッシャーを力に変えられた。小野監督も「チームバッティングを覚え、中心打者の自覚が出た」と目を細めた。

 試合後、泣き崩れる仲間の肩を、一人笑顔で抱いて回った。「おれたちは力を出し切った。胸張って帰ろう」。バットをおいた4番の、最後の仕事だった。 (横井武昭)

 

この記事を印刷する

PR情報