東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

<ヒーロー>初球を先頭打者本塁打 習志野 宮内 和也 遊撃手(2年)

2010年7月23日

写真

 普段、あまり選手をほめることのない小林徹監督の舌がなめらかになった。「一回のホームランが大きかった。あれがなかったら、その後の点もなかったと思う」

 今大会では、いまいち調子が上がらなかった。「ミートを心掛けすぎている。もうちょっと思いっきり振ってもいい」。試合前に小林監督から受けたアドバイス通り、市立柏の上条翔太投手(三年)が投げた初球の直球を振り抜いた。

 「フライだと思った」という打球は、左翼スタンドへ悠々と飛び込んだ。先頭打者本塁打。この回、5点を先取する口火を切った。

 不調なのは誰よりも自分が分かっていた。5回戦までは試合後に、人影がまばらな練習場で、ひたすらバットを振り続けた。二年生で試合に出ている身として、「三年生のために」という思いは強い。「勢いがついて良かった」。あどけない笑顔を見せながら、帰りのバスに慌てて乗り込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報