東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

<熱球譜>惜敗に無念の涙 浦安 菅原 中(あたる) 主将(3年)

2010年7月23日

 「ベンチから出たくねえよ」。東海大望洋に敗れた試合後のベンチで、後輩の選手たちが用具を片付けるカラカラという音が響く中、そう言って泣き叫んだ。

 十回表2死三塁、三遊間を抜けそうな相手の打球に、2回戦で中指を骨折した左手で、思いっきり飛びついた。懸命に一塁へ送球したが内野安打となり、三塁走者がホームイン。それが相手の決勝点になった。

 十回裏、最後のバッターが右飛に終わる。「守備へ行かなきゃ」。ネクストバッターズサークルでそう思いつつ、振っていたバットを落とした。まだ次があるのか、それとも終わったのか。「頭の中がグチャグチャだった」。両チームの選手が整列のため集まりだしたところで、試合が終わったと知った。

 主将としていつも全力、時には大声で仲間を叱咤(しった)してきた。「あいつがいてこそのチームだった」。大塚知久監督は声を詰まらせながら、菅原選手をたたえた。

 

この記事を印刷する

PR情報