東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

甲子園まであと2勝 4強決まる 習志野、市立柏を圧倒

2010年7月23日

習志野−市立柏 1回表2死一、二塁水野聡選手の2点適時打で一塁走者の片桐憲吾選手が一気に生還=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は二十二日、千葉マリンスタジアムと県野球場の2球場で準々決勝4試合が行われ、Aシードの習志野、Bシードの専大松戸、春の甲子園大会に出場した東海大望洋と、成田のいずれもノーシード校が準決勝に進出した。 (深世古峻一)

 習志野は初回、宮内和也選手(二年)の先頭打者本塁打などで5点を先制。その後も優位に試合を進め、市立柏を10−3の七回コールドで下した。専大松戸は同点で迎えた六回表、重野雄一郎選手(二年)の左前適時打で勝ち越し、千葉敬愛に3−2で勝利。

 東海大望洋は延長十回表、太田樹選手(三年)の内野安打で勝ち越し、粘る浦安を3−2で退けた。成田はエースの中川諒(りょう)投手(三年)が完投し、千葉経大付を7−3で下した。

 二十三日の試合はなく、二十四日に千葉マリンスタジアムで成田−習志野、東海大望洋−専大松戸の準決勝2試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報