東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

きょう準決勝 成田×習志野、東海大望洋×専大松戸

2010年7月24日

 甲子園大会への出場切符をかけた夏の高校野球県大会は二十四日、千葉マリンスタジアムで準決勝2試合が行われる。

 午前十時に開始する第1試合は、今大会屈指の投手とされる成田の中川諒(りょう)投手(三年)が、足を絡めた勝負強さを誇る習志野の打線をどれだけ抑えられるかがカギとなりそうだ。

 プロ球団も注目する習志野の4番、山下斐紹選手(三年)は、5回戦と準々決勝で2試合連続本塁打を放つなど絶好調。中川投手との対決にも注目が集まる。

 午後零時半開始の第2試合は、春夏連続の甲子園大会出場を目指す東海大望洋と、春の県大会で同校をコールドで下した専大松戸の対戦。東海大望洋は今大会6試合中、4試合でコールド勝ちと好調。最高球速148キロの本格派、長友昭憲投手(三年)や、4番の坂本拓弥選手(三年)ら投打に安定感がある。

 専大松戸は一、二年生中心のチームながら、今大会でも爆発力を秘めた打線は健在で、春の県大会を再現する力は十分にある。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報