東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

<ヒーロー>ここ一番快音響く 東海大望洋 桜井健人右翼手(3年)

2010年7月25日

写真

 「あいつは出るべき選手。誰よりも練習してきた」と坂本拓弥主将が評する選手が、ここ一番で結果を出した。二回裏2死二、三塁から真ん中の直球を右中間へ。貴重な先制2点適時打となり、三塁上でこれまでのうっぷんを晴らすかのようなガッツポーズを見せた。

 春の甲子園大会では5番で先発したが、その後、打撃の調子がおもわしくなく、先発メンバーから外れた。今大会では5回戦までは守備固めとしてしか試合に出場しなかった。「打席に立ちたい」。その悔しさをぶつけるかのように、試合後に学校へ帰った後、バットを練習場で振り続けた。

 準々決勝では8番で先発。1本ヒットを放ち、「楽な気持ちで今日(準決勝)は臨めた」。準決勝は2安打、3打点の大活躍。桜井選手とは普段も仲がいいという坂本主将は「自分は結果が出なかったが、あいつが打ったことが最高にうれしい」と、まるで自分のことのように顔をほころばせた。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報