東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

東海大望洋か 成田か きょう午後1時決勝

2010年7月25日

習志野−成田 6回裏1死一塁貴重な追加点となる2点本塁打を放ち、本塁で仲間に迎えられる勝田優斗選手=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は24日、千葉マリンスタジアムで準決勝2試合が行われ、決勝戦はノーシードから勝ち上がった成田と、春の甲子園大会に出場した東海大望洋の対戦になった。(深世古峻一)

 先制を許した成田は四回裏、木村祐司選手(二年)の右中間を破る2点適時打で逆転に成功。六回裏には勝田優斗選手(二年)の2点本塁打で突き放した。習志野も四回表に山下斐紹選手(三年)の適時打で先制。七回表、水野聡選手(三年)の2点適時打で1点差としたが及ばず、成田が4−3で接戦をものにした。

 東海大望洋は二回裏に桜井健人選手(三年)の2点適時打で先制。四回裏には鈴木凌太選手(三年)の適時打などで加点した。専大松戸も七回表に二山裕太選手(三年)が適時三塁打を放ち食い下がったが、東海大望洋が終始試合を優位に進め、6−2で勝利した。

 二十五日の決勝戦は千葉マリンスタジアムで午後一時から行われる。 

 

この記事を印刷する

PR情報