東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

<ヒーロー>チーム力で頂点 成田金子裕大一塁手(3年)

2010年7月26日

6回裏、貴重な先制打を放ち、一塁上でガッツポーズする金子選手

写真

 六回裏1死一、三塁の場面で打順が回ってきた。三塁走者は無安打の好投を続ける中川諒投手。「中川のためにも絶対打つ」。奮闘するエースのためにも、燃えないわけがない。

 真ん中に入ってきたカーブを右前へ打ち返した。一塁に走りながら、無意識のうちにガッツポーズ。一塁上で再び拳を突き上げた。うれしさのあまり一塁に立ってからの記憶しかないと笑う。

 今年春の県大会は2回戦で浦安に敗北した。「浦安にはすごい選手がいるわけではない。なのに何で負けたんだろう」。主将として、チーム力の大切さを悟った。低めのボール球を振るなど、自分勝手なプレーが目立った仲間たちに、ミーティングで「チームバッティングをしよう」と呼び掛け、姿勢を変えてきた。

 粘り強く守り勝ち、チーム力で県内の頂点にたどり着いた。次なる目標は「全国制覇」(金子選手)だ。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報