東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・東東京】

<ヒーロー>多彩な変化球 快投 安田学園2年 鮎田純一投手

2010年7月22日

写真

 目黒学院打線に三塁を踏ませず、5安打完封。しかし、安田学園の主戦鮎田純一投手(二年)の感想は「ホッとした」だけ。走者を出しても表情を変えない左腕が目指す先は、もっと高いようだ。

 9回を投げきった十九日に続いての先発。「疲れは少しあります。序盤は制球が定まらなかった」。それでも尻上がりに調子を上げ、八回の1死一、二塁では相手打線の4、5番打者を空振り三振。九回も連続で空振り三振を奪い、試合を終わらせた。

 「肝心なところで、いい球を投げきられた」とは目黒学院の内藤一広監督の敗戦の弁。この勝負強さが光り、今大会の4試合で失点はわずかに1点だけ。

 安田学園の森泉弘監督は「鮎田サマサマです」とエースへの賛辞を惜しまない。快投の要因は内角攻めを支える制球力。「試合途中で『少し外角も使ったら』と言ったけど、無視されたね」と森泉監督は笑う。さらにカーブ、スライダー、フォークと多彩な変化球も持ち味だ。

 シード校のいないブロックで、ベスト8まで勝ち上がった。次は第2シードの関東一と対戦する。鮎田投手は「打つチーム、というイメージ。今日みたいに甘い球が入るといけない」と警戒しつつ「いつも通りやっていれば大丈夫だと思う」と力を込めた。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

PR情報