東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・神奈川】

“水入り?”“恵み?” 決勝順延

2010年7月30日

雨天での決勝中止を知らせる看板=横浜スタジアムで

写真

 高校野球神奈川大会は15日目の二十九日、横浜スタジアムで予定された横浜対東海大相模の決勝が雨天順延となった。県勢の頂点をかけた対戦は三十日午後二時から同スタジアムで行われる。

 この日は午後一時に試合開始予定だったが、県高野連などは午前十時半に順延を決定。通知を受けた横浜、東海大相模の両校とも球場に姿を現さなかった。

 横浜は午後一時から室内練習場でマシン打撃など軽めの調整。準決勝で9回134球を投げ抜いた主戦の斎藤健汰投手(二年)は、捕手を座らせ約30球投げ込んだ。平田徹部長は「彼にとって恵みの雨になった」と話した。

 東海大相模は球場入りを前に早朝から約1時間、打撃練習などを実施。同スタジアムに出発後、中止決定が伝わり、学校に戻ると、短いミーティングだけを行い、午後からは休息に充てたという。

 決勝では横浜の斎藤投手、東海大相模の一二三(ひふみ)慎太投手(三年)の登板が予想される。主戦同士の投げ合いなど、甲子園キップを懸けた戦いに注目が集まる。 (酒井博章)

 

この記事を印刷する

PR情報