東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・埼玉】

ベスト4決まる

2010年7月26日

 第92回全国高校野球選手権埼玉大会は二十五日、県営大宮公園球場で準々決勝2試合があった。浦和学院と本庄一が、準決勝に駒を進め、ベスト4が出そろった。

 浦和学院は、三回までに8点を取って、七回コールド勝ち。先発の南貴樹投手(三年)が、所沢北打線を4安打に抑えて、零封した。本庄一は、同点で迎えた八回裏、8番烏山伸生選手(同)の2点適時打で勝ち越し。九回に1点差まで追い上げられたが、市立川越を振り切った。所沢北、市立川越の敗戦で公立校はすべて姿を消した。

 準決勝2試合は、二十七日午前十時から同球場で行われ、第1試合は花咲徳栄−川越東、第2試合は本庄一−浦和学院が決勝をかけて戦う。

 

この記事を印刷する

PR情報