東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・栃木】

<熱球譜>後輩へ『努力は報われる』 足利工3年 野城涼太選手

2010年7月19日

7回、追撃の適時三塁打を放った野城選手=宇都宮清原球場で

写真

 「必ず打てる。ここで打てなきゃ神様なんていない」。そう思って臨んだ七回2死一塁での打席。真ん中内寄りの直球を芯でとらえると、打球はライトの頭上を越えた。4番の役割を果たす適時三塁打となり、チームのムードは一気に高まった。

 相手は、140キロ超の直球が武器の角田皆斗投手(三年)。組み合わせが決まると、対戦を想定して速球対策のマシン打撃に取り組んだ。練習後も一人残って2時間、300球の打ち込みを続けた。

 1、2回戦ではノーヒットに終わり、チームの勝利を素直に喜べなかった。栃木工との試合が実現し「練習の成果が生かせる」とひそかに腕ぶした。

 第1打席で今大会初ヒット。九回はベンチで「おれに回せー」と大声を張り上げた。結局、打席は回ってこなかったが、それほど打てるイメージができていた。

 練習量は誰にも負けていないのに、試合で結果が出なかった。でも、最後の最後に快音が響いた。「努力は報われる。これだけは自信を持って言える」。胸を張って、後輩へのメッセージを残した。 

  (清水祐樹)

 

この記事を印刷する

PR情報