東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・栃木】

<熱球譜>脱臼でもやりきった 栃木工3年 角田皆斗投手

2010年7月25日

右肩の痛みをおして力投した栃木工の角田投手

写真

 高校野球の最後の場面は、ネクストバッターズサークルで迎えた。ヘルメットをかぶったままの整列。涙はなく、気持ちは全力を尽くした充実感に満ちていた。

 六回2死二、三塁、緩やかな打球が足元からセンターへ抜けた。「取れる」。差し出したグラブは、わずかに届かなかった。逆転を許したが、「勝負には勝っていた」と胸を張る。

 エースで4番。140キロ超の速球に豪快な打撃で注目を集め、投打でチームを引っ張った。しかし、体調は万全でなかった。2回戦の完投後、右肩に痛みが走った。脱臼だ。

 登板が危ぶまれた準決勝は「気合で投げた」。入学時は「弱小校」といわれた栃木工。投手は高校入学後から始めた。それでも、ここまで来られたのがうれしい。だから、堂々と言い切った。「最高の仲間と最後までやりきった。悔いはない」 

  (清水祐樹)

 

この記事を印刷する

PR情報