東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・栃木】

きょう決勝 佐野日大 作新学院

2010年7月25日

 第92回全国高校野球選手権栃木大会は13日目の二十四日、宇都宮清原球場で準決勝2試合が行われた。作新学院が栃木工を4−2で破って2年連続16回目の決勝進出を決め、佐野日大が宇都宮工に3−1で競り勝ち、4年ぶり8回目の頂上決戦に挑む。甲子園への切符を懸けた決勝は二十五日正午から、同球場で戦われる。(清水祐樹、横井武昭)

 作新学院は、1点を追う六回2死二、三塁から4番五月女(そうとめ)大輔主将(三年)の中前2点適時打で逆転。投げては原光輝投手(同)が粘り強い投球で2失点に抑え完投した。栃木工は、初回に田口亮磨主将(同)の先頭打者本塁打で先制したものの、中盤以降はあと一本が出なかった。

 佐野日大は、1点を先制された直後の三回、長短打3本で2点を奪って逆転し関祐汰投手(同)が2併殺を奪うなど要所を締めてリードを守った。宇都宮工は2度の満塁の好機を生かせなかった。

 二十五日は、清原工業団地内の松下電器産業跡地が臨時駐車場として開放される。

 

この記事を印刷する

PR情報