東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・群馬】

<熱球譜>元応援団長の奮投 前商3年 柳岡将也投手

写真

 1点をリードされて迎えた五回表。「おまえのせいじゃない」。6失点をわびる一年の岩崎巧投手を励まし、背番号10は三年最後のマウンドに登った。

 昨年夏はスタンドで声をからしていた。甲子園に2度出場した1学年上の野口亮太投手らを擁する投手陣は層が厚く、ベンチに入れなかった。仕事は応援団長だった。

 「あの野口さんの背番号を継ぐのは重圧だった」。1番を背負った昨秋の県大会は4回戦で大量失点し、精神的弱さを露呈した。今春の県大会は、入学したばかりの岩崎投手が活躍し、今大会の1番に選ばれた。

 「何番でも投げられるだけでいい。あいつが入ってきたから成長できた」。4回戦に先発し、鍛えた変化球と制球で1失点完投。継投したこの日は12安打を浴びたが、3イニングに1点ずつの計3失点と踏ん張った。

 「ビッグイニングをつくられることなく、粘り強い投球を通じてチームを鼓舞してくれた」。富岡潤一監督は三年生の奮戦が後輩たちの財産になると、言い切った。 (川口晋介)

 

この記事を印刷する

PR情報