東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・群馬】

<熱球譜>競い合った仲間に感謝 利根商3年・関口圭祐主将

写真

 5点を追う七回表1死一、二塁、何としてもつなぎたい場面でセーフティーバントを決めた。一塁上で小さくガッツポーズ。「ちょっと足には自信がありますから」

 三回表、同点の走者をかえそうと力んで打ち上げた。新井之久監督に「全く魅力を出せてないぞ」と叱られると、六回表は先頭打者で内野安打し、盗塁も決めて、持ち味を発揮した。

 前橋第一中学校では公式戦に出たことはなかった。近隣の強豪では控えに終わると思い「利根商で甲子園に初出場したい」と決意した。野球に打ち込み「学校と下宿先を往復する毎日」を送った。立候補して主将に就任し、監督と協力して、学年を超えて競い合うチームをつくり上げた。

 最後の夏が終わり、悔し涙を流したが「嫌われてもチームが勝てばと、厳しいことも言ったけど、みんなよく付いてきてくれた」と感謝した。

 大学に進学して教員資格を取り、また高校野球に関わるのが夢。母親には照れくさいけれど「好きにさせてくれてありがとう」と伝えるつもりだ。 (川口晋介)

 

この記事を印刷する

PR情報