東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・群馬】

<ヒーロー>攻守魅せた好リード 健大高崎2年 長坂拳弥捕手

 二年生ながら全試合で先発マスクをかぶり、6試合で8安打7打点。チャンスで打席が回るたび「ここで打って次の日の新聞に載ってやろうと。ランナーをかえすことしか考えなかった」。

 青柳博文監督も「何かを持っている。長坂の力は大きかった」とうなる活躍で、攻守で健大を引っ張るキーマンになった。

 捕手としても「冷静な判断力と思い切りの良さ」(青柳監督)を持つ。配球も「本人の感性に任せている」(同)。三年生の投手陣にもものおじせず「片貝(亜斗夢投手)さんは性格的に優しいので強気のリードを心掛け」、決勝でも10奪三振をおぜん立てした。

 二塁送球タイムは最速1・95秒。「走ってきたらむしろチャンス」という自慢の肩で、この日も2つの補殺を決め、高商の攻撃の流れを切ってみせた。

 プロ野球・巨人の阿部慎之助捕手にあこがれ小学生から捕手。甲子園を狙えると聞き、富岡西中から入学。「まさか二年生でチームの要を任され、甲子園に行けるとは」と感激した。

 夢の舞台では「思いっきりプレーして、群馬の野球が通用することを示したい。もちろん活躍して新聞に載りたいです」と笑顔で誓った。 (川口晋介)

 

この記事を印刷する

PR情報