東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・東東京】

<熱球譜>重責果たしたエース 世田谷学園・荻田大樹投手(3年)

力投する荻田投手=神宮球場で

写真

 こんなに出番が早いとは思いもしなかった。初回、先発の相沢俊投手(三年)が2点を先制される。都春季大会で強豪帝京を撃破した下手投げの相沢投手だったが、この日はうまくいかない。なおも2死三塁。成瀬智監督から「思いっきり投げてこい」と送り出された。「おれに任せろ」と相沢投手に声を掛けマウンドを引き継ぐと、後続を捕邪飛に切って取り、流れを引き留めた。

 昨春に横手投げに転じたエースは、横の変化で揺さぶる投球術が身上。最速143キロの直球にスライダー、シンカー、チェンジアップを織り交ぜ、強豪修徳の打線に的を絞らせない。

 疲れが見え始めた七回裏、1死一、三塁のピンチ。「最後まで楽しくやれよ」。伝令の工藤力三郎選手(三年)に頬を軽くたたかれ、自分を取り戻す。ここは直球で押し、併殺打に仕留めた。

 最終回まで得点を許さず味方の援護を待ったが、本塁は遠かった。それでも「四球を出してしまい、守備でリズムをつくって攻撃に移ることができなかった」と打線をかばった。

 成瀬監督からは気持ちの弱さを指摘され続けてきたが、この試合、打ち取ると「シャー」と雄たけびを上げて自らを鼓舞し、終盤に足をつりかけてもマウンドを守った。「監督を甲子園に連れて行けなかったけど、最後まで自分たちの明るい野球ができた」。「気持ち」と書き込んだ帽子を脱いだその顔には、勝てなかった悔しさとエースの責任を果たした安堵(あんど)感が同居していた。 

  (佐藤大)

 

この記事を印刷する

PR情報