東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・東東京】

<熱球譜>最後まで守ったマウンド  修徳3年 高橋史典投手

力投する修徳・高橋投手

写真

 試合前の投球練習でワンバウンドの投球が目立った。強打の帝京打線を迎えるという緊張感が、前の試合で完封勝ちの快投を演じた右腕の制球を、微妙に狂わせた。

 一回、甘く入った直球を完ぺきにとらえられ、3点本塁打を浴びた。五回には暴投もあり4失点。七回にも再び甘い直球をスタンドに運ばれた。味方打線も沈黙し、思わぬ大敗。「実力がなかった」とうなだれた。

 甲子園に行かなければならない理由があった。昨年大会の決勝、関東一戦。後にプロ野球・オリックスに入団するエース三ツ俣大樹投手(当時三年)が試合中に足をつり、高橋投手が急きょマウンドに登った。2点リードを守りきれず九回裏、3点を奪われ逆転サヨナラ負け。甲子園切符をあと一歩で逃し、責任を感じて号泣した。

 しばらく練習が手に付かないほど落ち込んだ。再起したのは「もう負けたくない。みんなに迷惑を掛けたくない」という一心だった。筋トレで体重を5キロ以上増やし、「分からないほど走った」という冬場の走り込みで下半身を鍛え、直球のキレを増した。自信を持って臨んだはずの夏だった。

 「最後までエースが投げ切れよ」。昨夏の敗戦直後、三ツ俣投手に肩を抱かれて声を掛けられた。途中降板の無念さがにじんでいた。この日、エースナンバーを背負った高橋投手はチームのムードを壊さないように、とピンチでも笑みを絶やさなかった。三ツ俣投手から託されたマウンドに最後まで立ち続けた。 (佐藤大)

 

この記事を印刷する

PR情報