東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>勝利への思い 一歩及ばず 橘・加藤秀直捕手(3年)

打球の行方を確認しながら駆けだす加藤捕手

写真

 記憶に残る敗戦はもういらない。記録に残る勝利が欲しかった。

 昨夏の1回戦で藤沢西に延長再試合の末に敗れた悔しさをバネに苦しい練習に耐えてきたが、またも1点差のサヨナラ負け。初戦の壁を突破できなかった。「惜しい試合をしても、勝てなければいけない」。福田茂監督から投げ掛けられた言葉を生かすことができなかった。

 三回までに0−4と離されたが、橘の主砲は諦めていなかった。好機はまず六回。1死一、二塁で走者一掃の適時二塁打を放ち、2−4とした。3−5で迎えた八回にもレフトフェンス直撃の適時二塁打で4−5とし、同点のホームも踏んだ。

 始業前の早朝と昼休み、帰宅後と、練習時間以外もバットを振り続けた。好機に少ない安打で生還できるよう走り込みにも力を入れてきた。3打点1得点と気を吐き、その成果を見せることはできたはずだ。ただ、あと一歩及ばなかった。

 この1年、最も野球と向き合った濃密な時間を過ごしてきた自負はある。それでも「もっと練習をしておけば」と、悔いが残るのも事実。「自分たち以上に徹底して練習して、来年こそ勝ってほしい」。バトンを後輩に託した。 (酒井博章)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧