東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>1勝のため、エース譲る 金井 二保翔太主将(3年)

一塁手として出場する二保翔太主将=横浜市保土ケ谷区で

写真

 「ずっと、この瞬間を目指して頑張ってきた」。入部以来、勝ったことがなかった夏の大会。初めて勝利の味を知ったとき、あふれる感情を抑えることができなかった。

 この3年間、部員不足に悩まされた。朝練を増やすと、次々に辞めていく。同級生は8人から半分に減少し、昨年秋と今年春は、たった10人で戦った。強くなるために注いだ情熱が逆効果となり、主将として苦しんだ。

 雰囲気を変えたのは、東日本大震災で福島県南相馬市から転入してきた岡田佳士投手(三年)。その力強い直球に、「これは勝てる」。それまで務めていたエースの座を、迷わず彼に譲った。

 自身は遊撃手に移り、この日はエースの守備をカバーするため、さらに一塁手にコンバートした。自分のポジションに思い入れはあった。しかし、「常に最高のプレーをするための布陣で行く」。

 この日の岡田投手は調子が悪く、毎回ランナーを背負う苦しい展開。「後ろでしっかり支えるから、自信を持って投げろ」。タイムのたびに勇気づけた。

 全員野球でエースを支え、安打を浴びながらも1失点に抑えた。そして、最終回の好機を見逃さず、逆転サヨナラ勝ち。「自分のポジションチェンジが、裏目に出なくてよかった」。主将として、自信を取り戻した。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧