東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>失点、復調…最後はすがすがしく 鶴見・堤 海人投手(3年)

3回以降無失点と好投した鶴見の堤海人投手=横浜市戸塚区の俣野・横浜薬大スタジアムで

写真

 二回表、1死満塁。窮地での登板に「絶対に抑える」と臨んだが、肩は十分に温まっていなかった。カウントを取りにいって、甘く入った内角の直球を引っ張られた。試合を決定付ける満塁本塁打を桜丘の1番打者に許した。

 もともと外野手。昨秋からエースを任された。多彩な変化球を駆使して的を絞らせない、「打たせて取る投球」が持ち味だったが、立ち上がりに「制球が定まらない」のが課題だった。

 結局この回、6点を先取され、うなだれていると望月亮介主将(三年)に肩をたたかれた。「打たれたのは仕方ない。次から抑えていこう」。笑顔で元気づけてくれる主将の姿を見て、「気持ちをリセットできた」。

 併殺やダイビングキャッチ。内野陣の好守にも助けられ、三回以降を無失点で抑えた。それでも、その勢いが攻撃に波及することはなくゲームセット。

 勝利をつかむことはできなかったが、「試合を通して、チームが一つになれた」と、エースは最後にすがすがしい表情を見せた。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧