東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>ピンチを抑えきる 戸塚・水上卓也投手(3年)

ピンチの場面を三振に抑え、ガッツポーズをする戸塚の水上卓也投手=平塚市の平塚球場で

写真

 自分の失点は、自分で取り返す−。麻溝台に1点を先取され、無得点のまま迎えた八回表。無死一、三塁の好機に回ってきた打席で、外角高めをたたいてランナーを生還させ、逆転劇を演出した。

 相手の特徴を分析してリズムを変える頭脳と抜群の制球力から、一年秋からエースナンバーを背負ってきた。「公立校屈指の右腕」と称され、最後の夏も一人で全試合を完投するつもりで臨んだ。

 しかし、この日は相手打線に初回から安打を許す苦しい展開。四回裏にリードされて初めて、三振を取りにいったカーブを「狙われている」と気付いた。

 そこからカーブを封印。直球で打たせて取る投球に変えた。八回に逆転すると、「伝家の宝刀」のスライダーを解禁。要所で三振を取るなど、序盤の苦しさがうそのように相手をねじ伏せた。

 注目されていることに、プレッシャーは感じる。だが、「たいしたことなかったなと言われないようにしたい」と力強い。将来の目標はプロ入りだ。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧