東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>実力派エースの夏終わる 南・八巻大輔主将(3年)

アウトを取り、チームメートに声を掛ける八巻主将=平塚市の平塚球場で

写真

 多彩な変化球と140キロ近い直球で、「県内トップ級の実力」と言われた、エースの夏は終わった。

 一年でベンチ入り。二年夏からはエースで4番。主将も務め、名実ともにチームの柱だった。第2シードで臨んだ最後の夏、思い上がることなく「初戦突破」を目標に掲げた。

 その対深沢戦。7奪三振、被安打はわずか2つと「投球の調子は悪くなかった」が、「要所でやるべきことができなかった」。五回表、自身の失策をきっかけに1失点。八回表には決め球のカーブを狙われ、追加点を許した。

 さらに、八回裏、2死一、二塁のチャンスでの打席。相手投手のスローカーブにタイミングが合わず、内野ゴロ。緩急をつける投手への対策はしてきたはずだったのに「最後まで、対応できなかった」。

 試合後、涙する部員を前に「頼りない主将だったけど、よくみんなついてきてくれた」と声をかけた。そして後輩に「来年に向けて練習を頑張ってほしい」と、チームの勝利を託した。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧