東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

厚木北 乱打戦制す 横浜隼人 終盤追い上げも及ばず

 高校野球神奈川大会は6日目の十七日、11球場で22試合が行われた。

 橘学苑−厚木北は、計31安打が飛び交う乱打戦。橘学苑が二回表、弓場大樹選手(二年)の安打を皮切りに4点を先制したが、厚木北が五回裏から反撃。難波康大選手(三年)の2点本塁打などで12点を挙げ勝利。第1シードの貫禄を見せた。

 第3シードの川崎工科は、甲子園出場経験のある横浜隼人を1点差で振り切った。舞岡−足柄は、一進一退の攻防。同点で迎えた九回表、舞岡が1点を奪ったが、その裏に足柄が連続安打でサヨナラ勝ちした。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧