東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>「結果出す」 打席で集中 川崎工科 菅原直人選手(3年)

3回に適時打を放ち、生還を狙う菅原選手=相模原市の相模原球場で

写真

 待ちに待った初戦。リードされ、1点差に詰め寄った三回、打順が回ってきた。打席に立つと、応援席の音がよく聞こえ、集中している自分を感じた。球もよく見えた。ストレートを思い切りたたき、センターの頭上へはじき返した。逆転の適時三塁打となった。

 この日は、3打数2安打4打点と大活躍。家を出る時に家族に言い残した「今日は絶対、自分のバットで結果を出す」という言葉を実現させた。

 小学四年生で野球を始め、ずっと中心選手。高校でも二年生から、先輩と交互に4番を務めた。「負けず嫌いなんです」とはにかむ。

 「4番は絶対、譲れない。やるからには一番になりたい」。そのプライドを胸に、懸命に練習に打ち込んできた。好機を生かせなかった春の借りを必ず返したい。「勝てるところまで思い切ってやります」。生来の負けん気を瞳にたたえ、力強く言い切った。 (平木友見子)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧