東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>チームの盛り立て役 横浜商・和田祐樹選手(3年)

ダイビングキャッチを決め、仲間に肩をたたかれる和田祐樹選手(左)=横浜市保土ケ谷区で

写真

 ひざの靱帯(じんたい)損傷と足首の剥離(はくり)骨折を押してのスタメン出場だった。

 二回の2死二塁で、適時二塁打を放って先制を演出。しかし、無我夢中で痛みを忘れていたが、「まともに走れない」状態は走塁に影響した。2点を追う七回、自身の安打をきっかけにした反撃の好機では、本塁へ駆けるときに失速し、得点できなかった。

 さらに、ダイビングキャッチなどの好守を繰り返したことが、脚へのダメージを重くした。八回2死一、二塁で巡ってきた打席。相手投手が変わったこともあり、空振り三振。その直後に途中交代した。

 五歳上の兄にあこがれ、中学で野球を始めて横浜商に入った。チームが落ち込んでいても、「うるさいくらいに」声を出すムードメーカーとして、「古豪復活」を目指し、臨んだ最後の大会。

 伝統の一戦に勝つことはできなかったが、「スタンドに見に来た兄に、良いプレーを見せることができた」と満足の表情を見せた。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧