東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>自慢の足生かし躍動 住吉・大川原匠遊撃手(3年)

6打数3安打とグラウンドで躍動した住吉の大川原匠遊撃手=藤沢市の藤沢八部球場で

写真

 学校一の俊足で試合の流れを呼び込んだ。

 初回、甘いカーブを狙い打って二塁打。先制のホームを踏んだ。四回にもセンター前に打球を運ぶと、送球の間隙(かんげき)をついて二塁まで進塁するなど、自慢の足をフル稼働。出塁した3度全てで、二塁から先へと進んだ。

 名門私学での野球を目指し、中学時代は神奈川の名門「中本牧シニア」に所属。しかし同年代に横浜の乙坂智主将(三年)らがいる中で、レギュラーでの出場機会はなく、壁にぶち当たった。「野球が楽しくなくなった」と当時を振り返る。

 それでも、進学先の住吉の「野球を楽しむ」精神に触れて“野球愛”が再燃。「横浜高校など強豪の私立校を倒したい」と、気持ちを奮い立たせた。

 もともと自信があった走塁を強化させるため、できるだけ早くトップスピードを出せるような練習を重ねた。一方で「塁に出なければ自慢の足も生かせない」と、通常より重いバットを使って素振りをするなど筋力アップにも取り組んだ。

 この日は長打2本を含む6打数3安打2打点の活躍。努力が花開いた。

 チームも11−5で大勝し、昨年同様、4回戦に進出。次戦はいよいよ第3シードの私学・平塚学園と、ベスト16進出をかけて戦う。「仲間たちとシード校をやぶっていきたい」と力強く語った。 (酒井博章)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧