東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>反撃のチャンスつくる 希望ケ丘 山本康太選手 (3年)

本塁打を打ち、ガッツポーズをしながら走る山本康太選手=平塚市の平塚球場で

写真

 7点リードされて迎えた五回、内角の直球を引っ張って3点本塁打を放った。強力な相手打線を前に、敗色ムード漂っていた状況が一変。仲間から「チャンスメーカー」と呼ばれる本領を発揮した。

 第1シード厚木北との勝負は、打撃戦になると予想していた。八回には「とにかく、次の打者につなげる」と、左中間を破る二塁打で好機をつくり、1点差に詰め寄った。

 だが、九回2死一塁で巡ってきた打席。「最後の打者になりたくないという、後ろ向きな気持ちになってしまった」と、内野ゴロに倒れ、ゲームセット。勝利を呼び込むことは、できなかった。

 二年からレギュラー。試合経験の豊富さと、打力には自信があった。「自分の一振りでチームを引っ張る」と意気込み、最後の大会はベスト8を目指した。双子の兄・健太選手が所属する桜丘は2回戦で敗退し、その期待も背負った。

 目標は達成できなかったが、「全てを出し切った」。試合後、受け取ったホームランボールを見つめながら、達成感に満ちた表情を見せた。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧