東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>肉体改造、2連続本塁打生む 弥栄 緒方 礼央主将(3年)

2打席連続2点本塁打を放った弥栄の緒方礼央主将=相模原市中央区の相模原球場で

写真

 初打席は初回1死三塁のチャンス。大和のエースが2球続けて内角に投げたスライダーを見逃さなかった。センター返しのつもりでフルスイング。打球は左スタンドへ吸い込まれた。

 「同じ球で軌道が読めた。打った瞬間、入ると思った」。相手投手の「武器」であるスライダーを狙った、会心の一発だった。

 続く第2打席は、三回2死二塁。外角の直球を「打たされた」と思ったが、風に乗って右中間スタンドに。連続2点本塁打で、序盤で試合を決定付けた。

 一年から内野手のスタメン。常に上位打線で打ってきたが、長打力に自信はなかった。昨冬、筋トレと走り込みで肉体を改造。「芯に当たらなくても振り切れるようにした」

 自身初の連続本塁打で、弥栄創立後、初のベスト16に貢献した。「5回戦は未知の領域なので、百パーセント楽しみたい」と意気込みを語った。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧