東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

東海大相模、横浜に敗れる 甲子園 春夏連覇の夢遠く

東海大相模−横浜 6回裏2死三塁で勝ち越しの適時打を放つ横浜の柳裕也投手=相模原球場で

写真

 高校野球神奈川大会は11日目の二十三日、2球場で4試合が行われた。今年のセンバツ優勝の東海大相模は、横浜に1−3で惜敗。春夏合わせて4大会連続の甲子園出場はならなかった。 (志村彰太)

 東海大相模は三回表、臼田哲也選手(三年)のソロ本塁打で先制したが、その後、打線が沈黙した。

 横浜は四回裏、斉藤健汰選手(三年)の安打と後続のスクイズで同点にすると、六回裏には柳裕也投手(二年)の適時内野安打で勝ち越し。八回にさらに1点を追加し、勝利を決めた。先発・柳投手は、八回途中まで1点に抑える好投を見せた。

 長打を狙う東海大相模に対し、単打と犠打で着実に塁を進めた横浜に軍配が上がった。試合後、東海大相模の門馬敬治監督は「自分の采配で負けた。選手は良くやってくれた」と話した。横浜の渡辺元智監督は「柳投手は制球が良かった。良い投球をしてくれた」と評価した。

 横浜創学館−横浜桜陽は、六回に互いに1点を入れたが、延長十五回まで決着がつかず、二十四日に再試合となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧